Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS LON-NYCが10ユーロ

<<   作成日時 : 2007/04/14 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

アイルランドの格安航空会社ライアンエアが、3〜4年後に北米路線の就航を計画しているそうです。
http://www.asahi.com/business/update/0413/TKY200704130329.html
http://www.zakzak.co.jp/top/2007_04/t2007041308.html

大西洋線が出来たら、日本発のNY格安チケット+ライアンエアの方が、日本発欧州格安チケットより安くなったりするのかな?
(でもアメリカには入りたくないから、よっぽど安くなければそんな経路は選択しないと思う)


ライアンエアはこれまで4回程利用したことがあります。
 リーガ⇒フランクフルト
 フランクフルト⇒ロンドン
 ロンドン⇒グラナダ
 ポルト⇒ロンドン

ロンドンは(イージージェットも同じだけれど)、早朝発なので、いつも前夜空港について椅子で仮眠しています。
でも、皆考えることは同じなので、夜遅くに空港に行くと椅子が全然空いてない…。

それにロンドンのスタンステッド空港は、市内からバスが頻発しているのでまだ良いですが、フランクフルトのハーンは、バスも少なくてかなり不便です。

リーガ⇒フランクフルトを利用したときも、翌々日のフランクフルト(アム・マイン)発の便で帰国する日程でしたが、ハーン⇒アム・マインのバス移動が不便だったので、深夜にハーンに到着し、空港で寝て(ここは空いていました)、翌朝のロンドン行きでスタンステッドに飛び、バスとチューブでヒースロー空港に移動し、パリ乗り継ぎでアム・マインへと訳分からないような移動の仕方をしました。

#もともと、ロンドン⇒パリのBAとパリ⇒フランクフルトのAFのチケットを持っていた
#ので、ハーン⇒アム・マインをバス代より、ハーン⇒スタンステッド⇒ヒースローの
#航空券+バス代+地下鉄代の方が安かったのです。

ポルト⇒ロンドンの時も、ポルトを朝出て、ロンドンでは空港間の移動しかしないので、
イギリスの滞在は数時間のみ。
おかげでイギリスの入国審査のチェックが楽です。


審査官:「滞在日数は?」
私:「5〜6時間」
審査官:「入国目的は?」
私:「乗り継ぎ」
だけで殆どOKです。

でも、入国印のところにトランスファーと書き込む係員もいるので、観光目的の入国の際に乗継だとうそを言うのは止めましょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
LON-NYCが10ユーロ Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる