Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS マスジェデ・ナスィー・アル・モルク(Masjed Nasir-al Mulk)

<<   作成日時 : 2007/07/16 23:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 2

 いよいよシーラーズに到着です。

 到着した晩に、ハーフェズ廟(Aramgah-e Hafez)、とクルアーン門(Darvaze-ya Ghoran)に行ったのですが、こちらはまた後で。

 翌朝、ツアー前にマスジェデ・ナスィー・アル・モルク(Masjed Nasir-al Mulk)へ。
 ここは、バラをモチーフとしたエイヴァーンが有名で、別名ローズモスク、或いはピンクモスクと呼ばれています。
 また、ステンドグラスがとても綺麗なことでも有名なモスクです。
 中央アジアのツアーで一緒になった、よんたんさんのブログで紹介されてて、かなり楽しみにしてました。イスファハンのときに書いた、楽しみにしていた箇所2つのうちのもう1つとは実はここのことです。

 開館(?)前にも関わらず、扉が開いているのをいいことに敷地の中に入り、管理人を呼んで建物の鍵を開けてもらいました。

 更に、在日イラン大使のレターの威力で、(通常閉まっている)カーテンを全て開けてもらって撮影したのが、以下の写真です。
 ここでは100枚以上写真撮りました。(馬鹿です)




 残念ながら夏場だと早めに来ても、最初の柱までしか日が入りません。それに光が硬い。
 やはり、このモスクは奥まで柔らかい光が差す冬の晴れた日に来るのが一番。

 後でツアーでも来た時には、本当に10cm程しか日が差し込んでませんでした。(カーテンもまた閉められていたし)

 もう一つの目玉、バラをモチーフとしたエイヴァーンの写真もおまけに載せます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マスジェデ・ナスィー・アル・モルク(Masjed Nasir-al Mulk)
ガージャール朝時代に当時シラーズを統治してナスィー・アルにより造られたガヴァーム園(オレンジ庭園)近くのモスクです。http://en.wikipedia.org/wiki/Nasir_al-Mulk_mosquehttp://www.shirazcity.org/shiraz/Shiraz%20Information/Sightseeing/Nasir-ol-molk%20mosque%20e.htm ...続きを見る
Takahideさんの旅行ブログ
2007/07/16 23:10
シラーズその他もろもろ乱れ撃ち@
自由時間に歩き回ったシラーズの街中紹介です。 今日は、ペルセポリスに行った日の午後に歩き回った場所です。 ...続きを見る
Takahide's Blog
2007/07/27 00:00
シャー・チェラーグ廟(Bogh'e-ye Shah Cheragh)
シラーズは終わりと思いきや、シャー・チェラーグ廟を書いてなかったようです。 ...続きを見る
Takahide's Blog
2007/09/01 00:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんちは〜。

あ〜、差込具合が全然違うね。
実際に写真で見ると違いがよく分かりました。残念だったね。
けどまたいつか来るときのお楽しみと思えばいいよね。

次々と旅行記をUPされているようで楽しく拝読していますが、
旅行記そのものは勿論ですけど、何気にガイドさんとのバトルが面白い(笑)
よんたん
2007/07/19 12:19
少し曇ってくれれば良かったのかもしれないけれどねぇ。
床の反射光が写った七色の天井ってのは冬には見えないでしょう(負け惜しみ)。

客がなんかしでかして警察に呼ばれたこともあってか、事故が起きるのを必要以上に恐れてました。
Takahide
2007/07/19 23:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
マスジェデ・ナスィー・アル・モルク(Masjed Nasir-al Mulk) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる