Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS カヴァーム園(Qavam House)(ナーレンジェスターン(Narenjestan Qavam))

<<   作成日時 : 2007/07/23 22:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

バスで移動していると、位置感覚がつかみにくいのですが、マスジェデ・ナスィー・アル・モルクの近くらしい場所でバスを下り、カヴァーム園(Qavam House)(ナーレンジェスターン(Narenjestan Qavam))へ。

おぉ、ここはちゃんと噴水が出ているじゃないか。これでこそイスラム庭園。



屋根にはカジャール朝の紋章、太陽とライオンが描かれているけど、サマルカンドのシェルドル・メドレセのライオンマークにも似てない?

この母屋の地下は資料館になっていて涼しいです。二回にも上がれて、鏡張りの天井などを身近に見れます。

入り口付近の壁には3人の男性のタイル画があります。
最初見たときは女性かと思った…。



再びバスに乗ってマスジェデ・ナスィー・アル・モルクへ。この辺り一方通行があるので、歩いた方が早いかも。

やはり、光は全然入って来ていません。カーテンもしっかりと閉じられています。
朝来て良かった。

反対側の建物は資料館で、地下には井戸があります。
水をくみ上げるための牛が動く地下道があるのですが、牛を地下道に降ろす道はありません。何処から牛を入れたの?
飛び降りたら足の骨折りそうな深さだし。
子牛の間に人が抱えて入れて大きくなるまで育てる?
それとも、牛が動くための地下道というのはガイドのガセか?


これで午前中の観光はおしまい。次はヴァザーレ・ヴァーキルの近くのレストランで昼食
食後、現地ガイドが金を払わずに出てきてしまい、あわや集団食い逃げになるところでした。

午後は一度ホテルに戻ってフリータイムです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カヴァーム園(Qavam House)(ナーレンジェスターン(Narenjestan Qavam))
カヴァーム園(Qavam House)は、かつてのカヴァーム家の庭園で、現在はシラーズ大学の付属施設になっています。ちなみにナーレンジェスターンとはオレンジのことです。http://www.shirazcity.org/shiraz/Shiraz%20Information/Sightseeing/Naranjestan%20e.htmhttp://en.wikipedia.org/wiki/Qavam_Househttp://www.shirazu.ac.ir/en/index.php?pag... ...続きを見る
Takahideさんの旅行ブログ
2007/07/23 22:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
カヴァーム園(Qavam House)(ナーレンジェスターン(Narenjestan Qavam)) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる