Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー(Masjed-e Sheykh Loft-ol-lar)

<<   作成日時 : 2007/07/05 21:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

アーリー・ガープー宮殿と広場を挟んで向かい合っているマスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー(Masjed-e Sheykh Loft-ol-lar)は、王族専用のモスクのためにミナーレがありません。




ある場所からドームを見上げると、左の写真のように孔雀が羽を広げているように見えます。
本当は、ある角度で太陽の日が差し込む『ある時間だけ』なのですが、それじゃあ客が集まらない(?)という理由で、常時照明を当てることにより、ある場所からからなら『いつでも』孔雀が見れます。

先日本物の太陽光で浮かび上がる孔雀を見たのですが、やはりなんとなく違いが分かります。

ちなみにこの孔雀、何処までが頭でどこまでが羽なのかで、ツアーメンバで議論になりました。

先にも書いたように、王族専用のため、アーリー・ガープー宮殿から地下道で繋がっている(いた)らしいのですが、それらしき出入り口は分かりませんでした。
入り口からちょっとした廊下を通ると直ぐにドームのある部屋なので、見逃すはずは無いと思うんだけどなぁ。

お約束の夜景。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー(Masjed-e Sheykh Loft-ol-lar)
アーリー・ガープー宮殿の対面にあるマスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラは、元王族専用のモスクです。そのためメナーレ(ミナレット)がありません。宮殿と結ばれた地下通路があるとかないとか。マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー(Masjed-e Sheykh Loft-ol-lar)http://en.wikipedia.org/wiki/Sheikh_Lotf_Allah_Mosque ...続きを見る
Takahideさんの旅行ブログ
2007/07/05 22:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マスジェデ・シェイフ・ロトゥフォッラー(Masjed-e Sheykh Loft-ol-lar) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる