Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/2:嘉峪関-瓜州

<<   作成日時 : 2008/07/19 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今日は、なんと行っても嘉峪関(Jiayuguan)

と、言いたいところでしたが、本来午後だったはずの魏晋壁画墓が先になりました。

なんでも管理人が連休中なのでとっとと帰りたいからだとか。
個人だったら空けてもらえなかった可能性大です。


『魏晋壁画墓』


肝心のお墓はこのこんもりとした部分の地下にあります。
右側にある掘っ立て小屋兼土産屋(あいてなかった)から入ってびっくり。
狭いお墓の中に綺麗な絵が残っています。
顔料に鉱石を使っていたためか、ずっと発掘されていなかったためか、
色がちゃんと残っています。


『壁画』

(墓内部の撮影は厳禁なので、午後に行った長城博物館内部に展示されていたもの(レプリカ?))

ここは良い意味で期待を裏切られました。


で、いよいよ嘉峪関です。


『嘉峪関』


AAAAAです。
A4つの場所は今までも幾つかありますが、5つは初めて(で最後だった)。

世界遺産とも書いてあるけれど、それは万里の長城の一部に過ぎないのでは???


『嘉峪関』


嘉峪関創建当時から残っているのは、右側の砦のみです。
他の建物や門は全て何度か修復されているとの事です。

で、ここは万里の長城最西端の関です。
断崖絶壁で終わっている本当の端も行きたかったのですが、このツアーには入っていません。

この関から先は砂漠(土漠)ということで、屋根や壁は砂を被って変色していますし、風が吹くと砂が舞って大変です。
関を抜けた場所ではラクダにも乗る事が出来ます。

関の中に戻って、嘉峪関長城博物館へ。市内から移転したようです。(ガイドに聞いた限りかなり前のことらしい)


『長城博物館』


名前は長城博物館ですが、魏晋壁画墓など嘉峪関周辺で発掘された遺跡の展示もされています。
それに、よく分からない毛沢東の書もあります。
(ガイドに聞いたが、長城の文言が含まれているだけで嘉峪関とは何も関係ないとの事)


嘉峪関の後は、いつも通りの長距離ドライブ。
今日の目的地、瓜州には16:30の到着。
ホテル前の博物館に行ったところ、17:00までなのでもう入れないとの事でした。

その後は狭い町をぷらぷらし、白酒(バイジュウ)をためしに買って飲んでみました。
強いけれど、意外と美味しかった。

嘉峪関

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
嘉峪関(Jiayuguan)
嘉峪関に立っている碑には、世界遺産とありますが、嘉峪関のみではなく、万里の長城の一部分で登録という意味でしょうか?それでも『AAAAA』となっています。http://en.wikipedia.org/wiki/Jiayuguan_(pass)http://whc.unesco.org/en/list/438 ...続きを見る
Takahideさんの旅行ブログ
2008/07/19 22:29

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/2:嘉峪関-瓜州 Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる