Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/4:敦煌(莫高窟・鳴沙山)

<<   作成日時 : 2008/07/25 00:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

本日は終日莫高窟(Mogao Caves)です。

書き忘れたのですが、前日の晩、莫高窟研究員による講義で勉強済み。
#実はそのときの資料の中には、撮影厳禁の窟内の写真が多数あり、
#その電子データ(パワーポイント)くれ〜という感じでした。
#録画はしたけどね。

今回のツアーに含まれている数少ない世界遺産ということもあり、非常に混雑が予想されるため、開いたと同時に入れるよう、早めの出発です。


莫高窟

しか〜し、入場を待っていたのはもう一組の日本のツアーのみ。
このツアーに続いて石窟を見て周ったのですが、他の客もぱらぱらという感じでした。

今年から中国ではゴールデンウィークがなくなったそうですが、その影響かもしれません。
混雑していれば、他のツアーで開いている石窟も覗けたのになぁ。


お昼を食べた後、再び戻って今度は特別窟の見学です。

こちらの石窟には、TVでよく映る有名どころが揃っています。
特に第57窟の窟菩薩図は、本当に生で見る価値大です。

最後に、今は無料の陳列館を見学して終了です。

空き時間を利用して、土産屋でDVDとVCDを購入しました。
このDVDとVCD、昨晩ホテルで見つけて以来、あちこちで値段を聞くのですが、
一番高いのは、陳列館で70元した。ホテルと窟併設の土産屋が続き、
個人の土産屋では、陳列館のほぼ半値。土産屋も端のほうに行くと更に値が下がり、
結局VCD含めて35元で購入しました。


一度宿に帰ったのですが、風が強くなってくるという予報のため、日没時に行く予定
鳴沙山(Echoing-Sand Mountain)へ急遽行く事になりました。


『鳴沙山』



山の麓まではラクダで移動。
山は自力で登ります。

有料のはしごを砂の斜面においた階段は利用せず、自分の足で砂山を登ります。

砂山なので、足を前に進めども砂が崩れなかなか登れません。

中ほどで後ろを振り返ると、月牙泉(Crescent Lake)がちょうど良い具合に見えたので、しばし休憩。


月牙泉


なんとか山頂までたどり着けましたが、非常に疲れました。
自力で登る人は、足場が固い稜線沿いに上ると良いでしょう。

一方、下りは砂走りみたいでとても楽しいです。
こけて転げ落ちても面白そうだけど、カメラが砂まみれになって壊れると嫌だったので
転ばないよう慎重に駆け下りました。

今回のツアーで初めて汗だくになるほど運動したので、
その晩のビールは非常に美味しかったです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
敦煌(Dunhuang)
都市名がそのまま映画になる街、敦煌。町の中心に位置する敦煌のシンボル反弾琵琶像です。手前には北京五輪のキャラクターも飾られています。敦煌といえば莫高窟ですが、個人的には楡林窟の方が気に入りました。http://ja.wikipedia.org/wiki/敦煌市 ...続きを見る
Takahideさんの旅行ブログ
2008/07/25 00:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/4:敦煌(莫高窟・鳴沙山) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる