Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 5/5:敦煌(西千仏洞他)

<<   作成日時 : 2008/07/27 16:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

今日は、敦煌郊外の観光地を周った後、夜行でトルファンへ向かいます。

最初は、漢の時代の最西端の関所、玉門関と漢代の長城跡です。

嘉峪関が最西端でないの?
と思った人、嘉峪関は明代の長城で、こちらは漢代の長城と時代が異なっているのです。


玉門関(Jade Gate)』


この玉門関へ行く舗装道は私道で、玉門関の入場料も含め、20km近くはなれた場所で料金を支払います。

土漠の中にぽつんとある玉門関を見た後は、漢代の長城跡へ。

ところがゲートが封鎖されていて中に入れません。
何でも人民軍の演習が午前一杯行われているとか。

ということで、漢代の長城跡は見る事が出来ず、代わりに河倉城遺址を見学し、次の陽関へと向かいます。

王維の「君に勧む更に尽くせ一杯の酒、西の方陽関を出ずれば故人なからん」という詩で有名な陽関ですが、こちらも個人の敷地にあるらしく、博物館やらパビリオンやらも全て個人経営とのことです。


『陽関』



関所2箇所を見学した後は、敦煌三大石窟の残りひとつ、西千仏洞です。

この石窟には、北魏と唐の時代の壁画が残っているのですが、ここも内部の撮影は禁止なので、
写真は外観のみ。


『西千仏洞』


楡林窟、莫高窟を見た後では、この石窟はこじんまりとした感じがしてしまいます。

この後、市内に戻って敦煌市博物館を見た後、時間が余ったのでフリータイムとなりました。

でも、敦煌って市内には観光すべき場所がありません。
なので、近くでケバブ食べながらビール飲んで時間をつぶすツアーメイトも。

今日もかなり早めの夕飯を食べ、列車が出る3時間以上前ですが駅に向かいます。

なんと駅(正しくは柳園駅)は市内から123kmも離れていて、車で2時間も係るのです。

更に、駅には到着したものの、中には入る事が出来ません。
その理由は切符がないから…。

中国では、途中駅からの切符購入が難しく、この駅からの乗車券を人数分揃えられず、
半数以上の切符はこの列車の始発駅、西安からの乗車券で、旅行会社の人が
柳園駅まで乗車してきて届ける事になっていたのです。

そこで、この駅からの乗車券を貰った人が全員分の大荷物をチェックイン(空港並みに
チェックあり)をしてホームで待ち、残りの人は列車到着後に切符を受け取り
ダッシュで乗り込むということになりました。

列車到着とともに走って降りてくる旅行会社の人から切符を無事受け取ったものの、
改札で何か文句を言われて足止めされたものの(この駅からの乗車券でないことを
咎められたのだろう)、なんとか列車に乗り込めました。

今回の旅行では唯一の車中泊。
2等コンパートメントの4人寝台は快適です。

添乗員は仕事に追われて寝れず、現地ガイドは3等なのが可哀想でしたが…。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
敦煌(Dunhuang)
都市名がそのまま映画になる街、敦煌。町の中心に位置する敦煌のシンボル反弾琵琶像です。手前には北京五輪のキャラクターも飾られています。敦煌といえば莫高窟ですが、個人的には楡林窟の方が気に入りました。http://ja.wikipedia.org/wiki/敦煌市 ...続きを見る
Takahideさんの旅行ブログ
2008/07/27 16:15

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
5/5:敦煌(西千仏洞他) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる