Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 4/30:蘭州-武威

<<   作成日時 : 2008/07/17 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

朝、早起きして五泉山公園へ。

6:30開園のはずですが、窓口にも入場口にも人が居ないので、またしても無料で入れてしまいました。
公園の中は、散歩をする人、体操をする人でかなり混雑しています。

この公園は、名前の通り五つの泉があるはずなのですが、ひとつしか見つけられませんでした。
朝食に間に合うように戻ってくる時分には、入り口に係員が居て、窓口も開いていました。


『五泉山公園』



今日も午前中はひたすらバスで移動です。

鉄道はアジア最長の山岳トンネル(*)でぶち抜いている烏鞘嶺を通る山越えです。
*調べたら、ガセでした。

道路の横には旧線跡がまだ残っています。当時はこんな感じだったらしい。
単線・ループありと、眺めは絶対に旧線の方が良いな。


お昼過ぎに武威(Wuwei)に到着しました。

先ずは、後漢時代の銅奔馬が出土した雷台へ。


『雷台』


引き続き、同じ敷地にある雷台公園へ。ここは、雷台の名前の由来となった雷神を祀る道教の寺院です。


『雷台公園』



しばらく市内を移動して、中国のロゼッタ・ストーンと言われる西夏文字と漢字とが刻まれた西夏碑が展示されている西夏博物館へ。


『西夏博物館』


最後は、この博物館の通りを挟んで反対側にある文廟へ。

ここは、甘粛省最大の孔子廟です。


『文廟』



以上で、今日の公式ツアーはお終いです。

ホテルにチェックインした後は、個人で町歩き。

唐代の鐘が納められている大雲寺(跡)にある鐘楼を目指すも地図が悪すぎ、やたら遠回りさせられました。
そのせいで、閉まる直前にようやく到着。
殆ど閉まっていた窓口で入場券をぎりぎり購入できました。

鐘楼に上ったあと、寺跡を見ていたら、入り口に鍵をかけられてしまいました。
中でお祈りしている人たちは、皆住人なの?それとも裏口がある?


『鐘楼』



夕食前にもうひとつ、鳩摩羅什寺へ。
このお寺には、鳩摩羅什が武威に留まっていた際に経典を講じた場所に建てられたが残っています。


『鳩摩羅什寺』



夕食後、再び町をうろうろ。
武威に唯一残る南城門のライトアップを期待して歩いて行きます。

途中でツアーメンバーに会うと、ライトアップしていないとの事。
確かに城門の内側はライトアップしていなかったのですが、外側に出ると、綺麗にライトアップしていました。


『南城門』



ライトアップに満足した後は、2元ショップでお買い物。
爪切りやらキーホルダー、コルゲートを買ってホテルに帰りました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
武威(Wuwei)
河西回廊の東端の街、武威は銅奔馬(飛燕を踏む馬)の青銅器が発掘された場所です。http://ja.wikipedia.org/wiki/武威市http://www.kando-tairiku.com/dest/06id001494.html ...続きを見る
Takahideさんの旅行ブログ
2008/07/17 23:32

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
4/30:蘭州-武威 Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる