Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 8/12:-ムンバイ(Mumbai)

<<   作成日時 : 2008/11/19 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

途中で下車する同室の銀行員の家族(日本の支店にも勤めた事があるとのこと)と別れ、終点のセントラルゲート駅へ。
ここからは近郊電車でチャーチゲート駅へ向かいます。
切符売り場はいつも長蛇の列と「歩き方」には書かれていたのですが、まだ早朝のためかそれ程混んでいませんでした。

チャーチゲート駅からは徒歩でYWCAへ。
メールでの問い合わせに音沙汰なかったので、ちょっと心配でしたが、ツインのシェア利用で泊まる事が出来ました。
部屋にはまだ入れないと言われたので、シャワーだけ借りて着替え、荷物を預かってもらいました。
前に並んでいた日本人カップルと一緒に、「やっぱりエレファンタ島でしょう」と言う事で船乗り場に向かいます。

しかし、本日は波が高いので欠航とのこと…。

朝食をまだ食べていないというカップルと善後策を練るべく、ホテルタージへ。

さすがに超高級ホテル。
お茶1杯がデリーのホテル1泊より高い。

ムンバイの街中をぶらつくというカップルと別れ、カンヘリー石窟群(Kanheri Caves)に行く事にしました。

まずは、チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス(Chhatrapati Shivaji Terminus)へ。
この駅は建物が世界遺産に指定されているヴィクトリアン・ゴシック様式の建築です。


チャトラパティ・シヴァージー・ターミナス(Chhatrapati Shivaji Terminus)


近郊電車を乗り継いで最寄り駅へ。
「歩き方」には、「駅でオートリクシャーをチャーター」と書いてありますが、オートリクシャーは、国立公園の入り口までしか入れません。
国立公園の入り口は駅のすぐそば。道理で乗車拒否されるわけだ…。

で、足のない人は国立公園の入り口から目的の石窟群までどうすればよいかというと、バイクチャーターか、乗り合いバスの利用になります。
ボッタクリのチャーターバイクは無視して乗り合いバスへ。
このバスは定員一杯にならないと発車しないので、かなり待たされます。
(散々待った挙句でないこともあるとのこと)


カンヘリー石窟群 第2窟


ようやくたどり着いた、石窟群です。
予想よりもはるかに良いです。


カンヘリー石窟群 第67窟




多数の仏像に満足し、ムンバイへと引き返しました。

YWCAで夕ご飯を食べていると、結構日本人がいます。
大学の先生で、研究のために夏休みは毎年ずっと滞在している人など、長期滞在の人が多いのも特徴。

というか、物価の高いムンバイで適当な宿ってここしかないのよね。
それでも1000ルピー以上するのだけれど…。

明日こそエレファンタ島だ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
8/12:-ムンバイ(Mumbai) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる