Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 南インド旅行(2008/12/28:3日目:マドゥライ(Madurai)その2)

<<   作成日時 : 2009/06/20 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昨日の続き。

ミーナークシー寺院(Meenakshi Amman temple)千柱堂(Mandapa of a Thousand Pillars)見学後、「歩き方」のマドゥライのページに乗っているナンディー像に寄ってティルマライ・ナーヤカ宮殿(Thirumalai Nayakkar Mahal)に向かいます。


ティルマライ・ナーヤカ宮殿(Thirumalai Nayakkar Mahal)


ドラヴィダ様式(Dravidian architecture)ではなく、サラセン様式のためか、或いはかなり壊れているものを修理中のためか、いまひとつでがっかり。

それにしても暑いので、雑貨屋でちょっと怪しげな、とはいってもちゃんと瓶詰めしてあるジュースを購入。
味も怪しい…。

気を取り直して、今度はマーリアンマン池(Mariamman Teppakulam Tank)へ向かいます。
「歩き方」には1kmとあるけれど、3km以上ありました…。
分かっていれば、バスで行ったのに。ぶつぶつ。


マーリアンマン池(Mariamman Teppakulam Tank)


マーリアンマン女神の像を浮かべるテッパム祭りの際には賑わうのでしょうが、日ごろは閑散としています。

池の周りを1周して、バスで駅近くまで戻りました。


宿でしばらく休み、暗くなってから夕飯ついでに再びミーナークシー寺院(Meenakshi Amman temple)へ。

今度は南門から入ります。
昼間と同様、一通り回って戻ります。
21:00頃からクロージングセレモニーがあるらしいのですが、コモリン岬行きのバスの出発時刻があるため
諦めて宿に戻りました。


バスはホテルに22時にピックアップの予定です。
フロントで蚊と戦いつつ待っていたのですが、22時を過ぎても一向に来る気配がありません。

ホテルの従業員に着たら電話するからといわれて一度部屋に戻ります。

しかし、23時を過ぎてもバスは来ず。
再びフロントに行くと、ツアー会社まで一緒に行って事情を聞いてくれました。
ツアー会社の周りでもバスを待つらしき人が多数います。

なんと、コモリン岬からのバスがまだ戻ってきておらず、出発が0時頃になるとのこと。

バスが戻ってきたのは0時半過ぎでした。
しかも、戻ってきたバスには全員が乗り切らない。
もう一台をどこかから用立てて来て出発したのは、1時過ぎでした…。

3時間も出発が遅れて日の出に間に合うのか?

続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マドゥライ(Madurai)
ドラヴィダ様式(Dravidian architecture)のど派手なゴープラムで有名なミーナークシー寺院(Meenakshi Amman temple)を見に、バンガロールから夜行でマドゥライへ向かいました。しかし、改修中のため藁で覆われなにも見えず…。http://ja.wikipedia.org/wiki/マドゥライhttp://en.wikipedia.org/wiki/Meenakshi_Amman_templehttp://en.wikipedia.org/wiki/Dravidi... ...続きを見る
Takahideさんの旅行ブログ
2009/06/21 22:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南インド旅行(2008/12/28:3日目:マドゥライ(Madurai)その2) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる