Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 南インド旅行(2008/12/26:1日目:ベルール)

<<   作成日時 : 2009/06/04 00:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

前回の続き。

シュラヴァナベルゴナからベルールまではおよそ100kmの道のりです。
途中、ホテルで昼食を取りました。

この様なツアーに参加している人は、たぶん現地ではかなりの高学歴&/or富裕層です。
(といっても15時間で\1,500と日本の物価からすると激安)

そのため、殆どの人が英語を話します。
もっとも、インドは多言語国家なため、インド人同士でも英語でないと通じない事が
結構あるようです。

食後にまたバスに揺られ、ホイサラ朝のかつての首都、ベルール(Belur)に到着です。

ベルール観光は、建物の周りの彫像が美しいチャナケーシャヴァ寺院(Chennakesava Temple)のみです。


チャナケーシャヴァ寺院(Chennakesava Temple)


歩き方には、『鏡を見る美女』が挙げられていますが、現地ガイドはこの彫像についてはなにも触れず、
他の幾つかの彫像と、マンダパと呼ばれる寺院内部のホール天井や柱の彫刻についての説明のみでした。


鏡を見る美女


確かに他にもすばらしい彫像が多く、何故『鏡を見る美女』が挙げられているのか分かりません。
Wikiにも女性の彫像としてSalabhanjikaの写真が載っていますが、別の彫像です。

圧倒的な彫像群を見ているとカジュラホを思い出しました。

続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マイスール(Mysuru)(旧マイソール:Mysore)
ベンガルール到着日、市内観光よりも先にカルナータカ州開発公団(KSTDC)主催のマイスール近郊のハッサン周辺の遺跡ツアーに参加しました。ちなみにKSTDCのツアーの申し込みは、駅近くのカウンター等では出来ず、ネット或いは発着場所にもなっているオフィスでのみ可能です。http://www.karnatakatourism.org/http://karnatakaholidays.net/http://kstdc.net/Tours.htmhttp://karnatakaholidays.net/F... ...続きを見る
Takahideさんの旅行ブログ
2009/06/13 21:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南インド旅行(2008/12/26:1日目:ベルール) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる