Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 南インド旅行(2009/1/2:8日目:カーンチプラム(Kanchipuram))

<<   作成日時 : 2009/07/06 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

一昨日の続き。

早起きして集合場所のTTDCに行くと見たことのある顔が1名。
最初の日にベンガルールからのツアーにも参加していたマレーシア人でした。
ベンガルールの時にはいなかった兄も一緒。

この日はこの二人と一緒に動きました。

ツアーは6:30出発。のはずが一向にバスが来ず、いつの様に遅れて7:00頃にようやく出発。
これなら昨日でも間に合ったかな?

途中、9代首相ラジーヴ・ガンディーがタミルの虎(タミル・イーラム解放のトラ(Liberation Tiger of Tamil Eelam))のThenmozhi Rajaratnamによる自爆テロにより暗殺されたラジーヴ・ガンディー記念公園の横を通り、カーンチプラム(Kanchipuram)へ。

まずは、シヴァ(Siva)を祀る巨大なエーカンバラナータル寺院(Ekambareswarar Temple)へ。


エーカンバラナータル寺院(Ekambareswarar Temple)

入り組んだ内部の回廊を回っているうちにツアー一行とはぐれてしまい、集合時刻に遅れてガイドに怒られてしまいました。

続いて、カーマクシ(Kamakshi)を祀るカーマクシ・アンマン寺院(Kamakshi Amman Temple)

この寺院、「歩き方」には地図上に名前が載っているだけですが、実はカーンチプラムの寺院の中では一番の見所らしいです。
#と「ここは何処なの?」と聞いた際に教えてくれたインド人が言っていた。


カーマクシ・アンマン寺院(Kamakshi Amman Temple)


池の向こう側に見える金色の建物が本殿ですが、ヒンドゥー以外立ち入り禁止です。


ここでバスはTTDC経営のホテルに入り、ようやく朝食となりました。
このツアー、なんと朝食と昼食が代金に含まれています。
自分の好きなものを選べるわけではありませんが、そんなに貧相な料理が出てくるわけでもありません。

食事の後は、最後に残ったヴィシュヌ(Vishnu)を祀るワラダラージャ寺院(Varadharaja Perumal Temple)へ。


ワラダラージャ寺院(Varadharaja Perumal Temple)


ここも本殿はヒンドゥーのみ。
マレー人の兄弟はばれないのをいいことに内部を見学しています。
「大丈夫だから」と言われて一緒に並んでも、私だけは許されず…。

ヒンドゥーは生まれながらの宗教だから改宗という概念が無く、
(ヒンドゥーから他の宗教に改宗することは可能)
インド人に見えなければ、「ヒンドゥーか?」とも聞かれず「駄目」と言われてしまいます。

兄弟が本殿を見学している間は、時間つぶしにヒンドゥー以外でも見学できる(ただし有料)100-pillar hallを見ていました。


そしてバスはマハーバリプラム(Mahabalipuram)(旧マーマッラプラム:Mamallapuram)へと向かいます。

続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
カーンチプラム(Kanchipuram)
チェンナイからの日帰りツアーでヒンドゥー教7大聖地のひとつカーンチプラム(Kanchipuram)へ。エーカンバラナータル寺院(Ekambareswarar Temple)は、シヴァ(Siva)を祀る巨大な寺院です。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%81%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%A0http://en.wikipedia.org/wiki/Ekambareswarar_Temple... ...続きを見る
Takahideさんの旅行ブログ
2009/07/06 01:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
南インド旅行(2009/1/2:8日目:カーンチプラム(Kanchipuram)) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる