Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 『鉄』に適した町ウジツェ

<<   作成日時 : 2009/08/20 03:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

モンテネグロのバール(Bar)から景色が良いといわれる所謂バール鉄道で到着したウジツェ(Užice)に3泊しています。

昨日は、午前はモクラゴラを走っている保存鉄道に乗り、

画像
モクラゴラ駅

画像
国境を越えて、ボスニア側のドブルン修道院まで臨時で走ることがある模様


午後は、国境を越えたボスニアのヴィシェグラード(Višegrad)にある、世界遺産の橋を見てきました。

もともと上の二つは1日ずつかかると思っていたのですが、方向が同じだったため
一日で片付いてしまったので、今日は市内と近郊をぶらぶら。

市内では、駅からベオグラードと反対方面に向けてすぐ先から旧線のトンネルが歩道となって
廃線跡をたどれる様になっています。

画像
2つ目のトンネルを抜けたところにある鉄橋


最初のトンネル3つばかり過ぎると、車道になり2〜3km程たどったところで、
現在の線路と交差し、橋を渡ってまた別のトンネルに続いていました。
かなり長そうなトンネルで、車も走っているけれど明かりがないので、そこで引き返してきました。

画像
鉄道橋とその先のトンネル


午後、近郊からの帰りのバスが、市内のバスターミナルに着く直前、
汽車が飾ってあるのを見つけ、バスを降りた後で歩いてゆくと、
モクラゴラを走っていた狭軌のSLでした。
建物に書かれていた文字が『なんとか博物館』の様に見えたので、
写真を撮ってホテルの受付で聞いてみると、『鉄道博物館』とのこと。
(『歩き方』には何も書いていないけど)
8:00-15:00に開館とのことなので、明日のベオグラード行きの列車に乗る前に行ってみるつもりです。

画像
ウジツェ駅近くの鉄道博物館に展示されている狭軌のSL


バール鉄道、保存鉄道、廃線跡、鉄道博物館と、『鉄』にとってウジツェはマストチェックな町でしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『鉄』に適した町ウジツェ Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる