Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ミャンマー旅行(2009/4/28:4日目:マンダレー(Mandalay)その2:マンダレー)

<<   作成日時 : 2009/10/04 22:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昨日の続き。

他人の昼食を見学した後、我々は昼食前にマハムニ・パゴダ(Maha Muni Pagoda)を見学します。

このマハムニ・パゴダ(Maha Muni Pagoda)は、信者の貼る金箔で巨大化した仏像が有名で、年代ごとの写真を見るといかにして巨大化してきたかがわかります。
ちなみに女性は仏像の所までは上がることが出来ず、周囲で祈るだけです。


マハムニ・パゴダ(Maha Muni Pagoda)


寺院内はもちろん裸足。
日陰は良いのですが、別の建物に移動したり、寺院を出てバスに乗るまでは、足の裏が火傷しそうです。

この後の昼食時のビールの美味しかったこと。

今日は例外的に昼食後の休憩前に王宮(Mandalay Palace)の見学です。
この王宮は、第二次世界大戦中、英軍の爆撃により監視塔と鋳貨局を除いて破壊され、1990年代に再建されたものです。


王宮(Mandalay Palace)


ちなみに屋根の上にある百葉箱みたいなものは、見張り兵の小屋とのことです。

再び炎天下を歩き、お昼のビールも汗に消えた後、ようやく休憩となりました。


少し涼しくなった夕方、再び市内の観光開始。

最初は、ミンドン王の息子ティーボー王(Thibaw Min)により王宮内から移築されたシュエナンドー僧院(Shwenandaw Monastery)です。
この僧院は、チーク材にコールタールによる防虫防腐処理を行っているため、かなり黒くみえます。


シュエナンドー僧院(Shwenandaw Monastery)


続いて、世界最大の経典として、ギネスにも載っているとかいないとかいう、クドードォ・パゴダ(Kuthodaw Pagoda)へ。


クドードォ・パゴダ(Kuthodaw Pagoda)


これら各仏塔(729もある)の中に経典を刻んだ石版が納められています。

そして最後は、マンダレーヒル(Mandalay Hill)
山を登るころから雨が降り出したのですが、この雨はかなり局地的だったらしく、山に沈む夕日を無事に眺めての下山となりました。



続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
マンダレー(Mandalay)
昼食後にホテルで一休みし、夕方涼しくなってからマンダレー(Mandalay)の市内観光、最後にマンダレーヒルからの夕日を眺めました。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AC%E3%83%BC ...続きを見る
Takahideさんの旅行ブログ
2009/10/04 22:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミャンマー旅行(2009/4/28:4日目:マンダレー(Mandalay)その2:マンダレー) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる