Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS ミャンマー旅行(2009/5/1:7日目:カックー(Kakku))

<<   作成日時 : 2009/10/17 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

昨日の続き。

ニャウンシュエからバスで30分ほど北上したところに、シャン州の中で最も大きいタウンジーがあります。

日野自動車製の路線バス(しかも改造ではない!)が走っていてびっくり。

カックーへは現地(ミャンマー人でもNG)ガイドなしでは許可が下りないため、ここで、パオ族(Pao)の現地ガイドを乗せます。


パオ族(Pao)のガイド


パオ族は黒か紺色の服を着てターバンを頭に巻いている姿が特徴の少数民族です。
背も高い感じがします。

ちなみにこのガイドは大学の専攻がロシア語なので、英・露・ビルマ語・パオ族の言葉と四つの言語を操ります。
#ロシア人観光客はほとんどいないので、錆付いてきてしまっているとか。

タウンジーから南下すること1時間ちょっとでようやくカックーに到着です。


カックー(Kakku)遺跡


カックーは、アラウンズィートゥー王が寄進するように指示したことを起源とする2000を超える仏塔が整然と並ぶ遺跡です。各仏塔の傘に付けられた無数の鈴の音がとても心地良かった。



これは遺跡内にあるレリーフで、パオ族は龍の子孫であるという伝承を表しているそうです。また、頭に巻くターバンはこの龍を表しているという説もあります。

タウンジーに戻る途中で日没。今日も夕日がきれいでした。
でも、日が沈むと街頭も殆どないので、真っ暗です。

しかも、ニャウンシュエに戻ると停電してたし…。
なんでも、一日のうち何時間かを順番に停電させて節電しているとか。

宿泊していたホテルは、自家発電設備を備えていたのですが、それも故障してしまい、修理が完了するまで夕飯は蝋燭の光で食べました。

続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
インレー湖(Inle Lake)とカックー(Kakku)遺跡
世界暫定遺産のインレー湖では、その独特の漕ぎ方で有名なインダー(Intha)族の猟師が湖で漁をしています。カックーはインレー湖から山を越えた所にあるパオ族の遺跡です。http://en.wikipedia.org/wiki/Inle_lakehttp://whc.unesco.org/en/tentativelists/825/http://en.wikipedia.org/wiki/Inthahttp://en.wikipedia.org/wiki/Pa-O ...続きを見る
Takahideさんの旅行ブログ
2009/10/18 00:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ミャンマー旅行(2009/5/1:7日目:カックー(Kakku)) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる