Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS モロッコ旅行(2009/9/23:8日目:フェズ→カサブランカ(Casablanca))

<<   作成日時 : 2010/02/20 19:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の続き。

今日は観光盛りだくさん。
カサブランカ(البيضاء(Casablanca))まで移動する途中で、ヴォルビリス(وليلي(Volubilis))メクネス(مكناس(Meknès))ラバト(الرباط(Rabat))と世界遺産を続けて見学します。

最初は世界遺産のヴォルビリス(وليلي(Volubilis))。

デクマヌス・マクシムス通り(The Decumanus Maximus)


北アフリカにおける古代ローマ都市の、最良の保存状態を誇る遺跡といわれるだけあり、床のモザイクや凱旋門がきれいに残っています。


ヴォルビリスからは、ムーレイ・イドリスI世がイドリス朝(الأدارسة)を開いた街、ムーレイ・イドリス(مولاي إدريس‎(Moulay Idriss))を眺めることができます。

メクネスに向かう途中、一番近づいたところで撮影ストップ。


ここまで近いのだから、少しくらい寄ってみたかった。


続いても世界遺産メクネス(مكناس(Meknès))。
まずは、ムーレイ・イスマイル(مولاي إسماعيل بن الشريف ابن النصر(Moulay Ismaïl Ibn Sharif))廟を見学して昼食。


メクネスは、イスラムにも関わらず、ワインでも有名な場所のため、皆でいろいろなワインを飲んで見ました。

食事の後は、王都のエリアへのメインゲート、マンスール門(Bab Mansour)からバスに乗車し、首都ラバト(الرباط(Rabat))へ向かいます。



ラバトでは、ムハンマド5世廟(Mausoleum of Mohammed V)ハッサンの塔(صومعة حسان(Hassan Tower))、それと王宮を見学。
この2箇所では、警官や警察車両、警備兵を撮影することができる数少ない場所です。
早速パトカーを撮影してから敷地へ。

フランスからの独立を勝ち取ったムハンマド5世(محمد الخامس)とその息子達ハサン2世(الحسن الثاني)アブダラー(Prince Moulay Abdallah)の墓


ハッサンの塔は、セビリアのヒラルダの塔、マラケシュのクトゥビアと併せ、世界で3箇所しかない角形のミナレットです。しかも建設途中で放棄されたにもかかわらず44mもの高さ。

その後に向かった王宮は巨大な敷地の中にあります。
ガイドはフェズの王宮のほうが大きいと言っていたけれど、敷地はこちらのほうが圧倒的に大きそう。

ここも兵士の写真を撮れるのですが、あまり近寄ると文句を言われます。


この地図の注釈間違っています。上部中央の四角い建物がハッサンの塔、右下が廟です


ようやく観光を終え、日の暮れるころにカサブランカ(البيضاء(Casablanca))到着。
部屋に入ると、ライトアップされたハッサン2世モスク(مسجد الحسن الثاني(Hassan II Mosque))が窓から見えたので、夕食までの時間を利用して行って見ました。



夜は海霧が出て、幻想的な雰囲気でした。
ちなみにミナレットの先端に付いている3つの球のうち、一番下のからはメッカの方向を示す緑のレーザーが出ています。

夢中で撮影していたら、夕飯に遅れてしまいました。

明日は午前中に少しばかり観光して帰国です。

続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
モロッコ旅行(2009/9/23:8日目:フェズ→カサブランカ(Casablanca)) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる