Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 沖縄旅行(2010/1/13:4日目:与那国)

<<   作成日時 : 2010/05/05 14:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨日の続き。

さすがに最西端。朝があけるのがかなり遅い。

朝食後にママチャリを借りて島一周。

久部良の集落から時計回りに進むと、最初にあるのがダンヌ浜
遊泳期間1年中とあるけど、1月ぢゃ泳げないって。

続いて向かうは、与那国空港の滑走路手前を入る北牧場の奥、馬鼻崎

相変わらず風が強く、崖の上に居ると吹き飛ばされそうでかなり怖い。

明日石垣まで使う予定のフェリーよなくに欠航に備え、空港で明日の便の空席状況を確認。
90人以上の空きって何人予約入れているんだ?
JTAなので前日割引は無いので、欠航したらその場で購入すればよいでしょう。
空港内の観光案内所で日本最西端到達証明書(こんなやつです)を購入。

島最大の祖内の集落に入ります。
道に迷いつつ(この集落だけは普通の町です)与那国民俗資料館へ。
おばぁに解説をしてもらいながら見学。
おばぁが小さかったことは、那覇より台湾の方が近く、小学生の時に基隆まで船を利用し台北に
行ったけれど、那覇はかなり大きくなるまで行ったことがなかったとのこと。

コーヒーやお菓子をご馳走になったのですが、あまり居座ると他の場所を観光できなくなるので、2時間ほどで切り上げ。
ティンダバナに向かう途中、福山海運の事務所に「本日欠航」の案内を発見。
これで、明日は飛行機に決定。


ティンダバナから祖内を見下ろす


続いて島最東端の東崎(あがりざき)へ。


ここで初めて観光客発見。皆レンタカーのようです。

道を折り返し島の南岸を西に向かいます。立神岩展望台を経由して新川鼻自然遊歩道へ。
海底遺跡と言われる建造物(?)が沖に見れるとありましたが、それらしきものは見れず。

更に、レンタサイクルの鍵を落としたことに気付きました。
砂利や枯葉の上なので、場所が分かっていても探すのはとても大変だし、
見つけられなかったら宿までどう帰ろうかと非常に焦りつつ、下を見ながら着た道を戻ります。

戻り途では、来る時には見つけられなかった人面岩を見つけたものの、人の顔には見えません。

どうも角度が悪かったらしい。

遊歩道入り口近くまで戻るも鍵は見つからず。
かけ忘れも期待しつつ、落とすとしたら歩き初めて直ぐだと考え、更に注意深く歩いていると
遊歩道に入って直ぐの砂利道の上に落ちているのを見つけることが出来ました。
良かったぁ。


ママチャリにはきつい坂をいくつか越えて比川集落へ。

この集落の端っこに志木那島診療所(Dr.コトーの診療所)があります。



いよいよラストスパート。
ここから海岸沿いに久部良を目指します。

テキサスゲートの内側には与那国馬や牛が放牧されており、直ぐ近くで見ることが出来ます。



ようやく日本最西端の岬西崎(いりざき)へ。
この付近にあるものは何でも最西端。近くの西埼灯台(改修中だった)や東屋、公衆トイレも最西端です。


日本最西端の神社、金刀比羅宮に参拝し、久部良集落に入ります。

最西端の郵便局、与那国郵便局久部良分室を利用。


最西端の幼稚園、小学校中学校(現在島内に高校はない)が並ぶ通りを抜けて日本最後の夕日が見える丘へ。

なぜか、最西端の西崎よりもこちらの方が最後まで夕日が見えるのかは謎です。

港を挟んで西埼灯台が見えます


最後に人減らしのため、妊婦に飛び越えさせたという悲しい伝説の残るクブラバリ(久部良割り)へ。



宿に戻ると、フェリー欠航のため、今日も宿を独り占めとのこと。

明日は石垣経由で那覇に向かいます。

続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄旅行(2010/1/13:4日目:与那国) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる