Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 『2011 ザ・ベストミステリーズ』

<<   作成日時 : 2012/05/04 12:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

昨年読んだ『ベスト本格ミステリ2011』とは別のシリーズ。
2010年度まではど派手な色の表紙でしたが、2011年度からは白一色になっています。
(そしてかなり薄くなった)

収録されているのは以下の12作品。

日本推理作家協会賞短編部門受賞作 「人間の尊厳と八〇〇メートル」――深水黎一郎
「原始人ランナウェイ」――相沢沙呼
「殷帝之宝剣」――秋梨惟喬
「アポロンのナイフ」――有栖川有栖
「義憤」――曽根圭介
「芹葉大学の夢と殺人」――辻村深月
「本部から来た男」――塔山郁
「天の狗」――鳥飼否宇
「死ぬのは誰か」――早見江堂
「棺桶」――平山瑞穂
「橘の寺」――道尾秀介
「満願」――米澤穂信

「天の狗」は、『ベスト本格ミステリ2011』にも載っています。

「人間の尊厳と八〇〇メートル」は受賞作だけあってかなりの出来。
「原始人ランナウェイ」は、2009年の鮎川哲也賞受賞作『午前零時のサンドリヨン』の作者による主人公の異なる学園物。
この2作によるスタートダッシュはかなりのものです。
その他では、有栖川有栖と道尾秀介が個人的には好み。

『2010 ザ・ベストミステリーズ』は未だ読んでいなさそうなので、図書館で予約しよう。








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
『2011 ザ・ベストミステリーズ』 Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる