Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS イスラエル旅行(2012/8/9-20:4日目 エルサレム)

<<   作成日時 : 2013/10/19 14:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前日の続き。

今日もエルサレム(יְרוּשָׁלַיִם(Jerusalem))旧市街めぐり。

宿から地下道を通り最短距離で嘆きの壁(הכותל המערבי(Wailing Wall))へ。
狭い旧市街の中は3日もいると、大体の道を覚えられます。

今日は日曜なので、礼拝者が多数。
入り口においてある観光客用のキッパを被って壁の近くまで行きます。
ウェスタン・ウォール・トンネルは予約で一杯で見学できず。残念。
見たい人は事前にネットで予約しておきましょう。

神殿の丘(הר הבית‎(Temple Mount))に行くための道を探すのですがなかなか見つかりません。
ウェスタン・ウォール・プラザの南側の出入り口(プラザに入る際には荷物チェックがあります)を抜けると左側に細い道があり、そこを進むとモロッコ門に繋がっていました。

神殿の丘(הר הבית‎(Temple Mount))に繋がる門は多数ありますが、モスレム以外が入れるのはこのモロッコ門からのみ。
(チェックが甘ければ他からでも入れるかも。また出るのは何処からでも可)

何はともあれ岩のドーム(قبة الصخرة(Dome of the Rock))


残念ながら中には入れません。
入り口から中を覗こうとしても追い払われます。
しかし、一箇所の窓に穴発見。コンデジのレンズ入れて撮影することが出来ました。

アル=アクサー・モスク(الوليد بن عبد الملك‎‎(Wailing Wall))も中に入れないので、神殿の丘(הר הבית‎(Temple Mount))全体でもそれほど見学に時間はかかりません。



綿商人の門から出て、ユダヤ人街へ。
フルヴァ・シナゴーグ(בית הכנסת החורבה(Hurva Synagogue))で次の回のツアーの予約をしようとすると「電話で」といわれてしまい困りました。
そこで4つのシナゴーグ(בתי הכנסת הספרדיים(Four Sephardic Synagogues))に入場(10NIS)する際、係員にお願いして予約の電話をしてもらいました。
ここは名前の通り、ヨハナン・ベン・ザカイ・シナゴーグ(בית כנסת רבן יוחנן בן זכאי(Yochanan ben Zakai Synagogue))イスタンブール・シナゴーグ(בית הכנסת האיסטנבולי(Istanbuli Synagogue))預言者エリア・シナゴーグ(בית כנסת אליהו הנביא(Eliahu Ha'navi Synagogue))中央シナゴーグ(בית הכנסת האמצעי(Emtsai Synagogue))の4つのシナゴーグが一つ屋根の下に集まっています。
でも、イスタンブール・シナゴーグ(בית הכנסת האיסטנבולי(Istanbuli Synagogue))預言者エリア・シナゴーグ(בית כנסת אליהו הנביא(Eliahu Ha'navi Synagogue))とはとても似ていて違いが良く分かりません。


順に外観、ヨハナン・ベン・ザカイ・シナゴーグ(בית כנסת רבן יוחנן בן זכאי(Yochanan ben Zakai Synagogue))イスタンブール・シナゴーグ(בית הכנסת האיסטנבולי(Istanbuli Synagogue))預言者エリア・シナゴーグ(בית כנסת אליהו הנביא(Eliahu Ha'navi Synagogue))中央シナゴーグ(בית הכנסת האמצעי(Emtsai Synagogue))

時間になったのでフルヴァ・シナゴーグ(בית הכנסת החורבה(Hurva Synagogue))へ。予約の際にクレジットカード番号を伝えているので、入場時の支払いは無し(25NIS)。
ガイドの説明を受けながら礼拝堂や屋上まで案内してもらいます。


第一次中東戦争で爆撃された後に再建されたため、とても新しくてきれいなシナゴーグです。

見学後はフルヴァを抜けて入り口の分かり難いウォール考古学博物館(The Wohl Museum of Archeology)へ。バーントハウス(הבית השרוף(Burnt House))との共用券を購入(45NIS)して見学します。
この博物館は、中が一方通行になっています。別館もあるようですが入り口が見つけられず。
バーントハウス(הבית השרוף(Burnt House))は、入場が30分おきのため、待ち時間で昼食をとろうと近くのファストフードへ。
ウェスタン・ウォール・プラザを見下ろす階段近くで食事を取っていたら、入場時間に遅れてしまい、更に30分待つ羽目になりました。

無事に見学後、シオン門(שער ציון(Zion Gate))を抜けてシオンの丘(הַר צִיוֹן(Mount Zion))へ。

今日は日曜のため、鶏鳴教会(כנסיית פטרוס אין גליקנטו(Church of St. Peter in Gallicantu))は休みで入れなかったので、マリア永眠教会(כנסיית הדורמיציון(Dormition Abbey))へ。


礼拝堂のモザイクを見た後、階段を下りて地下聖堂に行くと、マリアの像の周囲には熱心に祈っている団体がいました。



続いてこの教会の更に奥にあるダビデ王の墓(קבר דוד המלך(David's Tomb))へ。
外にある象は簡単に見つけたのですが、入り口が良く分かりません。
何も書いていないところを入って行くと奥の方に墓石がありました。


その後向かった最後の晩餐の部屋(חדר הסעודה האחרונה(Coenaculum))は更に見つけにくく、墓の近くの建物の2階にありました。


帰り道、聖墳墓教会(כנסיית הקבר(Church of the Holy Sepulchre))に立ち寄り、前日入れなかったイエスの墓を含めて再度見学。


宿の少し先にある鞭打ちの教会(קפלת ההלקאה(Dakkhina Dagoba))にも寄りました。

開いているか分からなかったので、中を覗いていると見たいのなら案内してやると外に座っていたオヤジが勝手に案内した挙句、金をせびってきました。
当然払うわけは無いけれど、何か最後に嫌な思いをしてしまった。

これでエルサレム(יְרוּשָׁלַיִם(Jerusalem))の観光は終了。
明日はバスでヨルダン川(יהודה ושומרון(West Bank))を南下し、ベエルシェバ(בְּאֵר שֶׁבַע(Beersheba))に向かいます。

何処を通ったか等はこちら

つづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イスラエル旅行(2012/8/9-20:4日目 エルサレム) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる