Takahide's Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS イスラエル旅行(2012/8/9-20:6日目 ベエル・シェバ→ネゲヴ砂漠→ベエル・シェバ)

<<   作成日時 : 2013/10/26 15:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前日の続き。

7:00過ぎに宿を出てバスステーションへ。
なんか違和感あると思ったらサンダルの底が剥がれてきました。
今日は一番歩く日なのに。
バスステーションの道具屋で瞬間接着剤を買ってとりあえず補修。
バス乗る前でよかったのかも。

7:30出発のMetropolineバスでスデ・ボケル(שְׂדֵה בּוֹקֵר(Sde Boker))へ。所要時間約50分、運賃17NIS。

バス停近くにある国立公園のビジターセンターで、ベン・グリオン(דוד בן-גוריון(David Ben-Gurion))の墓の場所と、これから向かうエン・アヴダッド(עין עבדת(Ein Avdat))の情報を得て、エン・アヴダッド国立公園(גן לאומי עין עבדת(En Avdat National Park))アヴダッド国立公園(גן לאומי עבדת(Avdat National Park))の共通入場券を購入します。

最初に向かうベン・グリオン(דוד בן-גוריון(David Ben-Gurion))の墓は、ビジターセンターから細い道を左手に入っていった先。


次は、エン・アヴダッド(עין עבדת(Ein Avdat))へ向かいます。道は一本なので間違いようがないのですが遠い…。


車が通ったら乗せてもらおうと思ったのですが、全く通らなかったので結局国立公園の入り口まで30分程歩きました。

公園内の両側を崖に挟まれた渓谷を暫く歩くと、写真で良く見る滝に出ます。


ここで引き返す人が殆どのようですが、少し戻ってから階段を登り、反対側の出口に向かいます。
滝から暫くすると、崖に削られた階段が現れます。
登って行くと中腹で道が二股に分かれ、修道士が修行したといわれる穴を発見。
後ろを振り返ると、滝やビジターセンターが微かに見えます。


滝から30分程歩き、出口へ。
ここでバスを拾うこともできるようですが、更にWadiを直進してアヴダッド国立公園(גן לאומי עבדת(Avdat National Park))を目指します。

40分ほど直進すると、40号線と合流。
そこから更に1.5km程南下するとアヴダッド国立公園(גן לאומי עבדת(Avdat National Park))の入り口が見えてきます。

案内が見えてきたところで、対向車が止まり公園まで乗せてくれました。
その際、「ベングリオンの墓から歩いて来た」と言うとかなり驚かれ、水の心配もされます。
「2リットル以上持っているので大丈夫」と答えて車を降りました。

アヴダッド国立公園(גן לאומי עבדת(Avdat National Park))のビジターセンタに入り、映像を見ていると後から家族連れが到着。
「山頂まで乗せてもらえないか」と頼んだところ、最初はOKだったのですが、映像終わったら「これなら行かない」ということになり、結局歩いて登る羽目になりました。

歩いて登るならと、少し道はずれにあるローマ時代の墓等に立ち寄り山頂へ。


帰りはナバテア人の神殿跡やワインを作った場所の跡を見学しながら山道(歩道)を下りてビジターセンタへ戻りました。


併設のマックでお昼を食べた後、バスでマムシト国立公園(גן לאומי ממשית(Mamshit National Park))へ向かいます。

「歩き方」に載っているマムシト国立公園(גן לאומי ממשית(Mamshit National Park))への行き方は、ベエルシェバ(בְּאֵר שֶׁבַע(Beersheba))からバス。
しかし、ベエルシェバ(בְּאֵר שֶׁבַע(Beersheba))経由は三角形の二辺を通ることになり、一緒に「ネゲヴ砂漠の香の道と都市群(דרך הבשמים(Incense Route - Desert Cities in the Negev))」として世界遺産となっているアヴダッド国立公園(גן לאומי עבדת(Avdat National Park))とセットで回れません。
バスの時刻表を探して、三角形の底辺となる204号線を通るMetropolineバスが少ないながらあることを見つけたので、この日のスケジュールはこのバスを中心に組みました。

バスは1時間程でディモナ(דִּימוֹנָה(Dimona))のバスターミナルに到着。料金は18.4NIS。
ここでエイラート(אֵילַת(Eilat))エゲットバスに乗り継ぎ、10分弱(11.8NIS)で遺跡入り口に到着。

遺跡はバス通りから1km程離れた砂漠の中にあります。
小さな小屋しかないビジターセンタで案内をもらって見学。
フレスコ画が残っているという建物が修復中で入れないためか、観光客も全く見なければ、喫茶も開いていませんでした。


無事に見学を終えてバス通りに向かって歩いていると親子連れらしき車が止まってくれ、ディモナ(דִּימוֹנָה(Dimona))まで送ってくれました。
その人が言うには、エイラート(אֵילַת(Eilat))からのバスは混雑してここからでは乗れないことがあるとのこと。
ディモナ(דִּימוֹנָה(Dimona))で降りる際にも空いている市内バスのバス停を教えてもらいました。

そこからベエルシェバ(בְּאֵר שֶׁבַע(Beersheba))まではエゲットバスで、30分程(11.8NIS)。

ベエルシェバ中央駅(תחנת באר שבע מרכז(Be'er Sheva Center Railway Station))に立ち寄り、明日のハイファ(חֵיפָה‎(Haifa))までの切符を購入。
乗り場だけでなく、窓口に入るにもパスポートの確認と荷物検査があります。

宿に戻り、暗く(涼しく)なってから夕食へ。
メインストリートにテーブルを出しているケバブ屋でケバブとサラダとビール。
当たり前ながら外で飲むビールは高いです。
部屋の冷蔵庫には昨日買ったビールがあったので止めておけばよかった。

何処を通ったか等はこちら

つづく。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
イスラエル旅行(2012/8/9-20:6日目 ベエル・シェバ→ネゲヴ砂漠→ベエル・シェバ) Takahide's Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる